>>用語解説  >>お役立ちリンク  >>HOME 













バックナンバー

最新号
No.19
No.18
No.16
No.15
No.12
No.11
No.10
No.09
No.08
No.07
No.04
No.03
No.02
No.01

今回は、歯周病についてお話いたします。
歯というものは歯槽骨という骨にしっかりと埋まっており、その骨の上に歯肉が被さっています。歯石(ばい菌〈歯肉炎の原因菌はアクチノミセス・ビスコーサス、歯周病の原因菌はバクテロイデス・ジンジバーリス・ヘモフィリス・アクチノミセテコミタンス・キャブノサイト・ファーガ〉のかたまり)によって歯槽骨が破壊され、歯肉が炎症する病気を歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏)といいます。
歯周病は、一度かかったら自然には治りませんので、現状維持を保つことが重要です。まず歯科医により検査(X線等)の結果歯周病と診断された場合どの段階か説明があります。そしてその段階にあった治療が施されます。自覚症状が出た段階ではかなり進行していますので、お口の中を手鏡などですみずみまで見る習慣をつけて下さい。歯の根元、歯と歯の間に白、黄、黒色の硬いもの(舌で触るとざらざらします)が付着していませんか。気になったらすぐに歯科医院で検査を受けましょう。

さて歯周病の初期及び中期までは、症状としては歯肉が痩せてきた、膿がでる、口臭がきついと周囲から言われる、など様々です。治療は徹底的に歯石の除去を行います。歯石はご自分では取れませんので歯科医院で除去します。高度に進んだ歯周炎では外科的に歯肉をめくって歯石をとります。その後、ブラッシング指導を受けてお家できちんと歯を磨く習慣を身につけましょう。するとみるみるうちに引き締まった健康な歯肉になり歯石も付きにくくなります。油断していると再発してしまいますので定期的に歯科医院で検査してもらいましょう。
後期の段階では、骨も溶けてなくなり歯肉だけで歯が付いている状態です。歯石は歯の根の先まで付着してしまいます。歯と歯肉の間からばい菌が入り歯肉が膿んだり、膿袋が内部ではれつしてばい菌がばら撒かれ、顔中腫れたり、自然に歯が抜けたりします。この段階では、炎症が治るまで患部を消毒しお薬を飲んで落ち着くのを待ちます。それから歯を抜きます。歯は虫歯でもなんでも無いのにまわりの組織破壊によって歯を失ってしまう。それが歯周病の恐ろしさです。

それでは、予防法はどういうものでしょうか。この歯周病は、生活習慣病(成人病)に大変似ていて徐々にお口の中を蝕んでいきます。ですから生活の中から見直す必要があります。

@歯はきちんと磨けていますか。一度、歯科医院でブラッシング指導を受けてみましょう。「えっ、こんなに磨き残しがあったのか」とびっくりします。担当医によりスクラッピング法を基本に、歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)の使用法の指導があります。この事はう蝕予防にもなります。指導を受けた後は、毎食後ご自宅できちんと歯を磨く習慣をつけて下さい。そして定期的に歯科医院でチェックしてもらいましょう。

A寝る前に飲食していませんか。寝ているときは、唾液があまり分泌されず(唾液が分泌されることによりばい菌は繁殖しにくくなります)、この状態はばい菌を温室で肥料をたっぷり与えて育てているようなものですので、ご注意ください。

B食生活はどうですか。早食いなどしていませんか。繊維質のもの、歯ごたえのあるものを時間をかけて食べていますか。よく、ひとくち30回噛みましょうと聞きませんか。これはいろんな事に効果があるのです。よく噛むことで満腹感が得られ食べすぎを防ぐ(肥満防止)、脳の働きを良くしボケの防止、消化吸収を助けイチョウに負担を与えない。食べかすが歯に付きにくくなる。顔面の筋肉、あごの骨を鍛えるので、美容的にも皺やたるみを防ぐメリットがあります。

これらのことは、きっとご存知のことでしょうが実際やってみると難しいものです。でも継続して実践することが、歯周病や生活習慣病の治療や予防の近道なのです。

歯肉炎、歯周病もどんどん低年齢化しています。20歳代、30歳代でも末期の歯周病はありますし、児童でも歯肉炎の罹患率は増加傾向にあります。お子様のうちから、あるいは気づいたときから予防に努めましょう。
当サイトの画像および内容等を無断で転載することはご遠慮下さい。
【春田歯科医院】 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋 4-18-4 TEL 06-6655-3640
| HOME | 医院案内 | 治療の流れ | ドクター・スタッフ紹介 | インプラント治療 | 審美歯科 | 矯正治療 | 治療費 | 医院新聞 |