>>用語解説  >>お役立ちリンク  >>HOME 













バックナンバー

最新号
No.19
No.18
No.16
No.15
No.12
No.11
No.10
No.09
No.08
No.07
No.04
No.03
No.02
No.01

前回に引き続き、今回はインプラントの種類です。インプラントは隣接する歯を削ることなく冠を入れたり、入れ歯の固定として使う事ができます。
■歯を1本失った場合
失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は、健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。
■歯を何本か失った場合
従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。
■歯をすべて失った場合
従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。
歯を全て失った場合下顎に限り、ミニインプラントを利用して入れ歯を作ることができます。この方法は通常のインプラントより費用は安くなります。しかし適応症か診査して十分調べる必要があります。
このように個人の形や予算に合わせて多くの種類があります。
当サイトの画像および内容等を無断で転載することはご遠慮下さい。
【春田歯科医院】 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋 4-18-4 TEL 06-6655-3640
| HOME | 医院案内 | 治療の流れ | ドクター・スタッフ紹介 | インプラント治療 | 審美歯科 | 矯正治療 | 治療費 | 医院新聞 |