>>用語解説  >>お役立ちリンク  >>HOME 













バックナンバー

最新号
No.19
No.18
No.16
No.15
No.12
No.11
No.10
No.09
No.08
No.07
No.04
No.03
No.02
No.01


さて今回は虫歯についてです。虫歯はどうしてできるかというのは、皆さんもある程度ご存知かとおもいますが、虫歯の発生と要因からお話したいと思います。
虫歯の発生と要因が重なり発生します。1.宿主(歯)2.食物3.細菌です。
  1. 歯、歯質、エナメル質の強さや虫歯に対する抵抗性は個人差があります。また歯の形や歯並びも深く関係しています。唾液の量や唾液に含まれる抗菌因子も虫歯に関係しています。
  2. 食物、一般に砂糖が原因とされています。砂糖は歯石を形成しやすく細菌がそこに多く付着します。また砂糖は最近によって分解されて酸を作り歯を溶かします。
  3. 細菌、レンサ状球菌が深く関係しています。ストレプトコッカス・ミュウタンスが代表です。その他数種の細菌が関係します。
ここで最初に戻りますが1.2.3.のすべてがそろわなければ虫歯は発生しません。例えば歯が一本も残っていない人は1.が関係しないため当たり前ですが虫歯は発生しません。しかし2.をなくすことは生理上無理ですし3.をなくすと口腔内細菌のバランスが崩れて真菌だらけになり口の中にかびが生えてしまうのです。1.2.3.はそれぞれにとても重要な働きをしていますし無くてはならないものです。しかし3つそろうと副産物(虫歯)もあるのです。ですのでほとんどの人は一生虫歯が起こることになります。
虫歯にならないように気をつけるには3つの要因ごとに予防法があります。
1.歯 (a)歯質の強化
歯の形成期に栄養をとるということですが,、乳歯の場合は妊娠期に、永久歯の場合は2〜10才くらいの間で、良質のタンパク質、脂質、ビタミンA・C・D、ミネラルを摂取することです。また子供の歯の特集(春田歯科通信其の弐)でお話したフッ素(保険適用外)により歯質を強化して、酸に対する抵抗性を高めることも必要です。現在もっとも簡単で歯質を強化でき虫歯を予防できるのはフッ素ではないでしょうか。
(b)歯並び
生えてきたばかりの永久歯にはシーラント(保険適用)が有効です。また歯並びが悪いと歯磨きがしにくいので矯正が必要です。
2.食物 (a)歯口清掃
何よりもまず歯口清掃(歯磨き)です。他の予防をしていても歯磨きを怠っては意味がありません。実行する時期は毎食後(食後3分以内3分以上が理想です。)と夜寝る前(歯磨きの後の飲食は禁物です。)特に夜寝る前に行うのが一番大切です。磨き方は歯並びや年齢によりいくつかの方法があるので希望の方は担当医までお尋ねください。
(b)糖質の摂取制限
糖質の摂取量を少なくすると虫歯が減少されることが証明されています。子供のお菓子、飲料は特に注意が必要です。
3.細菌に対する予防法
殺菌剤、抗菌剤など歯磨き剤に加えて用います。また洗口剤なども市販されています。
追加的予防法
「キシリトールとリカルデント」
最近CMなどでよく聞かれるようになりましたこの2つのものを少し説明したいと思います。
キシリトール
これは予防法の2.食物(b)糖質の摂取制限の分類に入ります。すなはち砂糖のかわりの甘味料で砂糖を使わずに甘味を出します。その結果虫歯を作りにくくするのです。市販のガムなどにありますが、100%キシリトールでないと意味がありません。購入の際は製品の成分の所をよく見て他のもの(砂糖類)が混ざっていないか注意してください。1日に大量に摂ると下痢を起こすこともありますが、食べきれない程大量という意味ですのでまず心配はありません。
リカルデント
これは予防法の1.歯(a)歯質の強化の分類に入ります。牛乳由来の成分が歯質に付着することにより膜を作り、再石灰化を促進します。キシリトールほど効果は確認されていないので補助的に用いると良いでしょう。
治療法
虫歯になってしまうと歯には生体治癒力(体が病気を治す力)が無いので治療する必要があります。基本的には削って詰める方法です。また削るとき痛みがあるのにどうして麻酔をしてくれないのだろうと思う人もいると思います。歯科医が麻酔をしないのは薬代を節約しているのではなく歯の神経のことを考えているのです。虫歯を削っていくとその下の神経が刺激されて痛みを感じます。麻酔をすると痛みを感じずに治療ができますが、麻酔が覚めてから痛みが出て神経の保護ができないこともあるからです。
<虫歯の進行具合>
C1 虫歯はエナメル質に限局していて削ってもほとんど痛みはありません。虫歯を削った後は部分的な詰め物をします。
C2 虫歯は象牙質に達し削ると痛みを伴います。歯の神経は残せます。虫歯を削った後は部分的な詰め物をします。
C3 虫歯は象牙質の下歯の神経にまで及び神経は虫歯の細菌で炎症が起り、人によっては眠れないほど痛むことがあります。麻酔をして歯の神経を取った後、被せ物をします。
C4 虫歯で歯冠部分が無くなり根だけの状態になってしまったものです。この状態では抜歯になります。歯を抜いた後は抜いた場所,本数によっても異なりますが、続きの歯(ブリッジ)を被せるか入れ歯(義歯)を入れます。
痛みがなくなったからといって神経を取った後や歯を抜いた後放っておいたらどうなるでしょう。神経を取った後はばい菌を殺すお薬を入れて仮のふたをしていますがお薬は数日しか効力がありませんし、仮のふたも数日しか密封してくれません。そのままにしておくと再びばい菌が入って膿みます。最悪の場合は歯を抜かなければならなくなります。歯の治療は土木工事に例えることができます。神経を取ったり根の治療は基礎工事、芯棒を建てて土台を作る治療は棟上げ、型を取って被せるのは屋根や外壁です。これらのどれが無くても成り立ちません。歯も同じことがいえます。元あった状態に近づけることが大事です。これを再構築といいます。

大人の歯は全部で28本(親知らずは数えません)ありますが、これらの歯は上下でかみ合い左右で支えあっています。歯の上部(歯冠部)が無くなっている場合かみ合う歯が伸びてきます。横の部分が無くなっている場合横の歯が隙間を埋めようとして倒れてきます。どれが無くなっても噛むことがむずかしい状態になり、全体のバランスがとれなくなってしまいます。例えば片方はかかとの高い靴、もう片方が素足で歩いていると思って下さい。大変な労力が要ります。かみ合わせがきちんとできていないとこういうことがお口の中で起り顎関節症、顔面の変形、肩首のコリの他、全身に障害が起こることもあります。早期発見、早期治療が病気を治す基本ですので健康のためにも1年に1度は歯科検診をお勧めします
C1 虫歯はエナメル質に限局していて削ってもほとんど痛みはありません。光CR・アマルガムやインレーなどを詰めて修復します。
C2 虫歯は象牙質に達し、削ると痛みを伴います。歯の神経を残せます。光CR・アマルガムやインレーなどを詰めて修復します。
C3 虫歯は象牙質の下の歯の神経にまで及び、歯の神経は虫歯の細菌で炎症が起こりかなり自発痛があります。麻酔して歯の神経を取った後被せ物をして修復します。
C4 虫歯で歯冠部がなくなり根だけの状態になってしまっています。この状態になると抜歯をします。この後はブリッジか義歯を入れて修復します。
当サイトの画像および内容等を無断で転載することはご遠慮下さい。
【春田歯科医院】 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋 4-18-4 TEL 06-6655-3640
| HOME | 医院案内 | 治療の流れ | ドクター・スタッフ紹介 | インプラント治療 | 審美歯科 | 矯正治療 | 治療費 | 医院新聞 |