>>用語解説  >>お役立ちリンク  >>HOME 













バックナンバー

最新号
No.19
No.18
No.16
No.15
No.12
No.11
No.10
No.09
No.08
No.07
No.04
No.03
No.02
No.01

今回はなぜ歯を抜くのかについてお話します。歯は臓器の一部なのでもちろん抜かないにこしたことはありません。しかし不幸にして抜かなければならない時、なぜ抜かなければならないのかよく分からないまま抜かれるより、抜く理由を理解した上で抜歯処置を受けていただきたいと思います。一部マスコミや書籍などで『すぐ歯を抜く歯医者は下手だ』とか『抜かなくても残せる方法がある』など誤解を生む表現がありますが、必ず正しいわけではなく、ほんの一部の例外の歯だけ残せることを意味します。それでは原因と理由に分けて説明していきます。
原因
  1. 虫歯−C4や歯根膜炎
  2. 歯周病
  3. 親知らず
  4. 交換期障害
  5. 矯正
  6. 外傷
理由1.虫歯について説明します。
1. 虫歯
口の中には多数の細菌が存在し常に活動しています。(虫歯のメカニズムは春田歯科医院通信其の参を参考にして下さい。)その時の細菌の酸によって歯が溶けていきます。そして根のところまでとけてしまうとC4となります。
歯の治療をわかりやすくするため、家を建てることに例えます
ここで一番大切なのは、基礎工事すなわち土台作り。ぬかるんだ所や、不安定な地盤に家を建てる人がいないのと同じでC4の歯に作ると歯が割れてしまいます。
家を建てる場合建築関連法規などで厳しく定められており、不安定な所に家を建てて売ると、売った側は罰せられますし、このような家を買う人はいないでしょう。同じく歯科治療には健康保険で定められたルールがあり、このような治療は保険治療として認められません。
また根の先が細菌により膿んでくることがあります。通常は根管治療で治るのがほとんどですが、何回も繰り返し症状が出たり、以前の治療で状態が悪くなっている場合は歯を全部抜くか一部切り離して悪い根だけを抜きます。この場合まず根管をあけて応急処置をした後に抜歯となります。応急処置により膿みが出て痛みがなくなったことで自分勝手に治療を中断すると、再び急性症状を起こすかC4状態になり結局歯を全部抜かなければならなくなりますので歯科医師の注意事項を守ってください。
この続きはまた次号に掲載します。
当サイトの画像および内容等を無断で転載することはご遠慮下さい。
【春田歯科医院】 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋 4-18-4 TEL 06-6655-3640
| HOME | 医院案内 | 治療の流れ | ドクター・スタッフ紹介 | インプラント治療 | 審美歯科 | 矯正治療 | 治療費 | 医院新聞 |